楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし

カビキラーの使い方|間違ってるとせっかくの掃除が無駄に!?

更新日:

sponsored link

お風呂のカビ、せっかく掃除するならキレイにしたいですよね。

カビには断然カビキラー!

と言うわけで、カビキラーで掃除するわけですが、使い方を間違っていると、せっかくの労力が無駄になってしまいます。

今回は、カビキラーの正しい使い方と、さらに効果の高い使い方をご紹介します。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">


カビキラーの使い方とは?

カビキラーの正しい使い方って、意外に知らない人が多いんです。

え?カビのあるところにカビキラーをスプレーして、しばらくしてから流すだけじゃないの?

と思った、あなた!

実はそれだけではキレイにカビは取れないんです。

正しいカビキラーの使い方をご紹介しますので、この機会に是非覚えてください。

カビキラーの正しい使い方
  1. カビキラーを使う前に、普通のお風呂用の洗剤で軽く洗う
  2. 洗剤を流す時にはなるべく熱いお湯で流し、その後、乾拭きし、さらに換気する
  3. 十分に乾いたら、カビキラーをスプレーし、10分放置する
  4. 水で洗い流す
以上がカビキラーの正しい使い方です。



なぜこんな風なカビキラーの使い方をしなければならないのかを順番に解説します。

まず、カビキラーを使う前に、まず、普通のお風呂用の洗剤を使って、スポンジで軽く洗います。こうすることで、石鹸の残りかすや皮脂を洗い流します。

これをしておかないと、せっかくカビキラーをスプレーしても、その成分がカビにまで到達しないからです。

次に、よく乾燥させます。

カビキラーは水で流れてしまうため、カラカラに乾燥させた状態でスプレーするのが正しい使い方です。

あとは、一般的に知られているカビキラーの使い方と同じです。

カビキラーをスプレーしたら、ごしごしとこすったりはせず、そのまま10分間待ち、最後に洗い流します。

カビキラーの更に効果的な使い方

さて、カビキラーの正しい使い方をすれば、ほとんどのカビはキレイに掃除できますが、頑固なカビだとまだまだ取れないところもでてきます。

このようなカビはカビキラーでは取れないのでしょうか?

安心してください。カビキラーの威力を増すさらに効果的なカビキラーの使い方があります。

最初に、普通の洗剤でキレイに洗って、乾燥させるまでは先ほどご紹介した使い方と同じです。

違うのは、カビキラーをスプレーした後です。

カビキラーをスプレーした場所を全体的にサランラップで覆います。

こうすることで、カビキラーが流れ落ちてしまったり、乾燥してしまうことを避けるのです。

そのまま約半日放置し、最後にサランラップを外して水またはお湯で流します。

こうすることで、「カビキラーの正しい使い方」でも落ちなかった頑固なカビを洗い流すことができます。

天井へのカビキラーの使い方

カビキラーの注意事項を読むと、天井など目の高さより上の場所には直接スプレーしないように書かれています。

では、天井にできてしまったカビにカビキラーは使えないのでしょうか?

安心してください。天井のカビが取れるカビキラーの使い方があります。

使い方は簡単。

クイックルワイパーや柄付きのスポンジなどにカビキラーを吹き付け、それを使ってカビキラーを塗りつけます。

10分程放置した後、シャワーなどで洗い流しましょう。

もし、水がはねて目に入る危険性があるなら、濡れ雑巾で何度か拭き取り、最後に乾拭きすれば完璧です。


いかがだったでしょうか?

浴室は濡れていることが多いので、そのままカビキラーをスプレーしてしまっていた方が多いのではないでしょうか?

これからは、是非この正しいカビキラーの使い方で掃除してみてください。

ビックリするくらいきれいになりますよ。

sponsored link

-日々の暮らし

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.