楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし

アブに刺されたらどうする?病院には行くべき?

更新日:

7月頃から活発になるアブ

スズメバチのような毒は持っていないようですが、アブに刺されたらどうしたら良いのでしょうか?

病院で診てもらう必要はあるのでしょうか?

今回は、「アブに刺されたら」というテーマでお話ししたいと思います。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">

アブに刺されたらどうなる?

最初にアブに刺されたらどうなるか、についてお話しします。

アブは、体長2~3センチ程度のハチにも見えるハエのような昆虫で、早朝や夕方に活発に活動します。

メスのアブは、産卵の前の栄養補給のために豚や牛、人などの血を吸うことで知られています。

アブは蚊のようにストロー状のものを血管に差し込むのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸います。

ですから、アブに刺されたら、まずチクッとした痛みを感じます。

その後、アブに刺されたら箇所が赤く腫れ、強いかゆみを感じます。

ここを掻いてしまうと、傷口から雑菌が入り込んでしまったり、とびひしてしまったりと症状が悪化してしまう可能性もあります。

このアブに刺されたらことによる腫れやかゆみは、1週間程度で完治することもあれば、1ヶ月以上かかることもあり、一概にどのくらいで治るかは言えません。

なるべく早く完治させるためには適切な治療が必要です。

それでは、アブに刺されたらどのように対処すれば良いのでしょうか?

アブに刺されたらどう対処する?

刺された場所を洗う

アブに刺されたら、まずは、指された場所をきれいな水で洗い流し、冷やしましょう。

アブは刺した瞬間、血が止まりにくくする成分を注入します。

洗い流すことでこの成分を取り除くことができ、より早く止血することができます。

これによって、血の臭いに寄って来る別の昆虫などからの被害も避けられます。

刺された場所を冷やす

アブに刺されたら、患部をなるべく冷やします。冷やすことでかゆみも腫れも軽減されます。

保冷材などを使って、アブに刺されたら場所をしっかりと冷やしましょう。

ちなみに、ムカデに刺されたら冷やしてはいけません。

ムカデに刺されたらどうするかは別記事にまとめていますので、そちらを参照してください。

ムカデに噛まれたらどうなる?応急処置のやり方は?病院に行くべき?

sponsored link 痛い!急いで手で払うとムカデがポトッ! ギャー!ムカデに噛まれた! ムカデに噛まれたら応急処置はどうすればいいの?救急車呼んだ方がいい? sponsored link ム ...

続きを見る


薬を塗る

患部を冷やした後、ステロイド成分や抗ヒスタミン成分が入った軟膏を塗りましょう。

ムヒなどの虫刺され用の軟膏で大丈夫です。

薬を塗ることでかゆみや炎症を抑えることができるので、治りが早くなります。

様子を見て病院を受診

もし、小さなお子さんがアブに刺されたら、病院の受診を考えた方が良いかもしれません。

症状の様子を見て、酷くなりそうであれば皮膚科を受診しましょう。


山や川でのキャンプやバーベキューなどの楽しいイベントも、誰かがアブに刺されたら台無しです。

なるべく長袖、長ズボン、首筋にもタオルを巻くなどしてアブに刺されないように対策しておくことをおすすめします。

sponsored link

-日々の暮らし

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.