楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし 食べ物や料理法

落花生の育て方|プランターでも簡単に美味しくできる!

更新日:

千葉県名産の落花生、育て方はそんなに難しくありません。

経験がなくてもプランターでお手軽にできますので、この機会に挑戦してみましょう。

今回は、落花生の育て方をご紹介します。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">

落花生の育て方

落花生ってどんな風に実がなるかご存知ですか?

豆だから枝豆みたいに枝になるって思っていませんか?

実は、落花生は、その名の通り、花が落ちて土の中に実がなるんです。

不思議ですよね。

そんな不思議な落花生ですが、プランターでも簡単に育てることができます。

土の準備の仕方から種まき、育て方というように順番に落花生の育て方を紹介します。

落花生の育て方:準備~種まき

落花生の育て方の重要なポイントは、土壌づくりから始まります。

落花生は、花が落ちて土の中に実がなりますから、実がなるためのスペースがなければ落花生はできません。

そこで、プランターで落花生を育てる場合は、十分な大きさがあるプランターを使うのが肝心です。

通常サイズのプランターではなく、深さが60センチ以上ある大きなプランターを準備してください。

落花生の育て方ポイント1
大きなプランターを使用する


次に、落花生を育てるための土を作りましょう。

と言っても、プランターで落花生を育てる場合は、あまり難しく考える必要はありません。

市販の培養土をそのまま使います。

プランターのフチの下5センチ程度の高さまで培養土を入れます。

落花生の育て方ポイント2
市販の培養土をプランターのフチ下5センチまで入れる


さて、いよいよ種まきです。

落花生は、スーパーなどに売っているものではなく、苗や種を扱っているお店で購入するようにしましょう。

落花生の種を植えるのは5月下旬から6月初旬です。

薄皮付きの落花生を3センチ程度の間隔をあけて1センチ位の深さで埋めていきます。

種を植えたところには2~3センチ程度土をかぶせ、軽く水やりをして、発芽を待ちます。

発芽するまでは水をやる必要はありません。

落花生の育て方ポイント3
発芽するまでは水やりはしない

落花生の育て方:発芽~収穫

種を植えてから1週間から10日程度で発芽します。

発芽してからは水やりをしますが、水が多すぎると根が腐ってしまうので、土が乾かない程度に水やりをしましょう。

本葉が3枚くらいになったら、間引きします。元気な苗を2~3本残して、他は全て間引きします。

ちなみに、苗を購入する場合は、ここまでの作業は必要ありません。どうしても種から育てたい、というのでなければ、苗を購入するのも良いかもしれません。

落花生の育て方のポイント4
元気な苗を残して間引きする


苗が成長し、30センチ程度に伸びてきたら株の周囲に寄せ土をします。

そうすることで、受粉した花が落ちた後、子房柄が土の中に潜りやすくなります。

7月頃には黄色い可愛らしい花が咲き、その後、花が落ちてどんどんと子房柄が土の中に潜っていきます。

花が咲いたら、1株に5グラム程度化成肥料を与えます。

落花生の育て方のポイント5
花が咲いたら化成肥料を与える


さて、その後、土の中でどんどんと落花生が大きく育っていきます。

10月頃、落花生の葉っぱが急に黄色くなりはじめます。

下葉が枯れて落ちかけた頃が落花生の収穫時期です。

少し掘り返してみて、さやに網目が入っていれば収穫です。

スコップなどで落花生の株の周囲を大きく掘り、株ごと引き抜くように収穫します。

収穫後、風通しの良い所で1週間ほど風乾したらお好みの食べ方で頂きましょう。

sponsored link

-日々の暮らし, 食べ物や料理法

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.