楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし 食べ物や料理法

アボカドが茶色くなったけど食べられる?変色させない方法は?

更新日:

sponsored link

アボカドを一度に食べきらずに置いておいたら茶色に変色しちゃった。これって食べても大丈夫?

茶色に変色したアボカドは、見た目はあまり良いものではありませんし、食べても大丈夫か心配になりますよね?

そこで、今回は、茶色に変色したアボカドを食べても大丈夫なのかどうか、また、茶色に変色させないためにはどうしたらよいのか、という疑問にお答えしたいと思います。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">

茶色に変色したアボカドは食べても大丈夫?

茶色に変色したアボカドを食べても大丈夫かどうか、ですが、これは、茶色に変色した程度や常温で置いておいた時間によって答えがかわってきます。

アボカドの皮をむくと、果肉が空気にさらされ、酸化することによって、茶色くなります。

この場合、少し茶色になっているくらいであればそのまま食べることができます。

しかし、全体的に茶色く変色してしまっている場合は、アボカドに含まれる脂肪分が酸化し、腐敗している可能性が高いので、その場所を取り除いて食べるようにしましょう。


ちなみに、アボカドが十分に熟していないものを茶色く変色させても、味は青臭いままです。

別ページで、アボカドを美味しく食べられるかどうかの見分け方や、追熟の方法をお伝えしていますので、そちらも参考にしてくださいね。

アボカドの追熟方法は?切った後の方法や食べ頃の見分け方も紹介!

sponsored link アボカドを食べようとして切ってみたらまだ硬かった。 こんな時、アボカドを追熟すれば美味しく食べられます。 今回は、アボカドの追熟の方法を紹介します。 切った後でもできる追 ...

続きを見る


アボカドを茶色にさせない方法とは

さて、アボカドが茶色に変色してしまう大きな原因が酸化であることが分かりました。

では、切ったアボカドを茶色に変色させない為にはどうすれば良いでしょうか?

一般的にはサランラップやレモン汁を使う方法がよく用いられています。

アボカドをサランラップに包む

アボカドの切った断面にサランラップを密着させ、酸素に触れさせないようにして冷蔵庫に保存すると、切った断面は茶色に変色しますが、中の方までは浸透せず、食べる時に茶色の部分を取り除くようにすれば、1~2日程度は美味しく食べられます。

ただし、サランラップを果肉に直接あてているため、プラスチックのニオイが気になる方にはお勧めできません。

アボカドにレモン汁をかけて保存する

アボカドをレモン汁やライム汁につけて保存する方法です。

これは、レモンやライムに含まれるクエン酸がアボカドの酸化するのを防いでくれるので、アボカドが茶色く変色するのを防ぐことができます。

ただし、この方法をとった場合、茶色く変色することはありませんが、アボカドの果肉が徐々に溶け出し、最後には果肉がドロドロになってしまうので、なるべく早めに食べてしまうようにしましょう。


さて、ここまで、サランラップやレモン汁を使ったアボカドの酸化防止方法をお伝えしましたが、最後に、私が一番よく使っているアボカドの茶色変色防止方法をお教えしたいと思います。

その方法とは、玉ねぎを使ったやり方です。

保存したいアボカドと同じ大きさぐらいに切った玉ねぎをアボカドと同じ器に入れ、上からふわっとラップをして、冷蔵庫に保存するだけです。

玉ねぎの匂いがアボカドにうつることもありませんし、数日は美味しくいただけます。

また、ディップにしたアボカドの場合は、玉ねぎをみじん切りにして、ディップ全体を覆うようにしておけば、茶色に変色するのを防ぐことができます。食べる前に玉ねぎをディップに混ぜ込んでしまえば、そのまま美味しくいただけます。

玉ねぎを使ったアボカド保存方法を応用すれば、アボカドを使った時短料理も可能なので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。

sponsored link

-日々の暮らし, 食べ物や料理法

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.