楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし 病気や治療

風邪薬と酒を一緒に飲むのはNG?死ぬかも!?時間あけたら大丈夫?

更新日:

普段からアルコール消毒してるから風邪なんてひかないよ!

なんて豪語してたのに、肝心の忘年会シーズンに風邪ひいちゃった。


風邪薬飲んで飲酒はダメだってよく聞くけど、実際のところ、どうなの?

今回は、風邪薬とお酒の危険性と飲み方をご紹介します。

sponsored link



風邪薬と飲酒が危険な理由とは?

風邪薬に限らず、薬を飲むときは飲酒は控えるのが基本です。

では、なぜ、薬と一緒にお酒を飲んではいけないのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つあります。

一つ目の理由は、風邪薬とお酒を一緒に飲むことで、薬が効きすぎてしまうことがあるからです。

もう一つの理由は、風邪薬とお酒を一緒に飲むことで、薬の効果がなくなってしまうことがあるからです。

全く正反対の2つの理由、それぞれ、どういう意味なのでしょうか?

風邪薬とお酒で薬が効きすぎる?

薬の成分も、お酒に含まれるアルコールも、どちらも肝臓で分解され、体外に排出されます。

薬は、肝臓で分解される分を見越して、成分量が決められています。

ところが、肝臓機能がアルコールの分解に使われていると、薬が十分に分解されず、血中に残る薬の成分が多くなってしまいます。

その結果、薬の成分が効きすぎてしまうのです。

薬の成分が効きすぎたら、かえって風邪が早く治りそう!

と思うかもしれませんが、残念ながら、そうではありません。

例えば、睡眠を促す成分が効きすぎてしまった場合、意識障害や昏睡状態に陥ってしまうかもしれません。

また、その時には何の問題がなくても、肝臓に異常な負担をかけてしまい、その結果、後々肝機能に障害が現れてくる可能性もあります。

鎮痛剤として販売されている薬に含まれるアセトアミノフェンは、お酒と一緒に飲むことで、最悪の場合、死に至ることもあると言われています。

お酒で薬の効果がなくなる?

風邪薬とお酒を一緒に飲むことで、薬の効果がなくなる例もあります。

お酒を普段から飲んでいる人は、アルコールを分解する酵素が活発になり、解毒作用が強くなることがあります。

その場合、せっかく風邪薬を飲んでも、風邪に効く成分がすぐに肝臓によって分解されてしまい、全く効果がなくなってしまうこともあるのです。

風邪薬と飲酒はどのくらい時間をあけるべき?

それでは、接待などでどうしても飲酒しなければならない場合、どのくらいの時間の間隔をあけるようにすれば良いのでしょうか?

それを図るバロメーターは、その薬が1日に何回まで飲めるかです。

例えば、1日に3回まで飲める薬の場合、その薬の効果が持続するのは、だいたい5時間程度だと考えられますから、薬を飲んでから6時間程度の間隔を開ければ飲酒しても差し支えがないでしょう。

また、1日に2回までの風邪薬であれば、10時間程度の間隔をあける必要がありそうです。

逆に、飲酒してから風邪薬を飲むまでの間隔ですが、これは、飲酒量やその人のお酒の強さによって違ってきます。

普段からお酒を飲み慣れている人であれば、ビール1缶程度を飲んだ後3時間も開ければ大丈夫でしょう。

逆に、二日酔いになっているような場合は、まだ風邪薬を飲むのは控えた方が良いでしょう。

あなた自身の体調と相談しながら飲むようにしましょう。

あなたの体は風邪で弱っていることでしょうから、お酒もほどほどにして労ってあげるようにしてくださいね。

お大事に。

sponsored link

-日々の暮らし, 病気や治療

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.