楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし 病気や治療

インフルエンザはいつまでうつる?いつから感染する?

更新日:

インフルエンザの検査で陽性だったけど、薬を飲んだら熱が下がった。

インフルエンザっていつまでうつるもの?

もう明日から会社に出社しても大丈夫なの?

今回は、インフルエンザの感染する期間について、解説します。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">

インフルエンザはいつまでうつる?

インフルエンザの感染力のピークは、発熱後3日目だと言われています。

例えば、インフルエンザが発症して、すぐに薬を飲んで、翌日に平熱に戻っていたとしても、まだまだインフルエンザには強い感染力が残っているというわけです。

学校における生徒や児童、職員の健康を守るために制定されている「学校保健安全法」では、インフルエンザに感染した場合の出席停止期間は以下のように定められています。

「発症後5日を経過し、且つ、解熱後2日を経過するまで」

つまり、熱が下がっても2日間は自宅で安静にしていなければいけないことになっているわけです。

社会人の場合は、学校のように「出席停止」ということはありませんし、上司や同僚も1日も早くあなたが職場復帰することを熱望することでしょう。

でも、もし、あなたが早く復帰したとしても、職場にインフルエンザを蔓延させてしまったのでは、元も子もありません。

辛い気持ちはよくわかりますが、せめて発症後5日間は自宅で安静にしておくようにしましょう。

インフルエンザはいつからうつる?

さて、インフルエンザがいつまでうつるかを解説しましたが、次に気になるのが、「インフルエンザがいつからうつるか」ですよね?

もしかしたら、あなたのインフルエンザが発症する前に誰かにインフルエンザをうつしていたかもしれません。

インフルエンザに感染してから発症までの潜伏期間は約2日間〜7日程度と言われています。

潜伏期間中は、感染者に自覚症状はほとんどなく、あったとしても、くしゃみや喉の痛みなどの風邪のような症状です。

しかも、一般的なインフルエンザの検査方法は、発症後半日程度経過してからでないと陽性反応がでないので、仮に潜伏期間中に検査をしてもインフルエンザだと診断されることはほとんどありません。

つまり、インフルエンザの潜伏期間中は、インフルエンザに感染していてもわからないことがほとんどなのです。

でも、安心してください。

インフルエンザは、潜伏期間中の感染力はかなり弱いからです。

インフルエンザの発症前に誰かにうつしているということはあまり考えられません。


いかがだったでしょうか?

インフルエンザの感染力のピークは、発熱後3日目で、解熱後2日を経過するまでは高い感染力がありますから、いくら熱が下がったからと言って、出社するのは控えましょう。

また、高齢者や乳幼児、妊婦などと同居している場合は、インフルエンザに感染すると、合併症などの心配もありますから、注意が必要です。

今の所は十分に休んで、体力をつけてから、仕事に復帰するようにしてくださいね。

sponsored link

-日々の暮らし, 病気や治療
-,

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.