楽しい明日が待っている!朝が待ち遠しくなる情報をお届け

ジョイ明日ライフ

日々の暮らし 病気や治療

「葛根湯なら妊婦でも大丈夫」は大間違い!妊娠中の風邪対処法とは

更新日:

sponsored link

風邪の引きかけには葛根湯が一番ですが、妊婦さんはどうなんでしょう?

妊婦さんが風邪をひいて病院に行くと、葛根湯が処方されることがありますが、あれは大丈夫なんでしょうか?

今回は、妊婦さんが風邪をひいたときの対処法をご紹介します。

sponsored link


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3345569350732668"
data-ad-slot="2715662571"
data-ad-format="auto">

葛根湯は妊婦さんでもOKなの?

風邪のひきかけによく効く漢方薬と言えば、葛根湯ですよね。

漢方薬だったら、副作用もなくて妊婦さんでも安心してのめるよね・・・・

と思っているそこのあなた!


ブッブー!大間違いです。

でも、妊婦さんが風邪ひいて病院に行ったらツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)っていうのが処方されたよ。

そうですね。お医者さんで妊婦さんに葛根湯が処方されることはあります。

だからと言って、葛根湯は妊婦さんにとって安全だとは限らないのです。


お医者さんは、妊婦さんに限らず、薬を処方するにあたって、有益性がリスクを上回るかどうかを判断しています。

つまり、その妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんの月齢、妊婦さんと胎児の健康状態、葛根湯の有益性とリスクをすべて総合的に判断したうえで薬を処方しているのであって、一概に「葛根湯はすべての妊婦さんにとって無害だ」という証明にはならないわけです。

ですから、「妊婦でも葛根湯なら大丈夫」と勝手な判断をして市販の葛根湯を飲むことは厳に慎むべきなのです。

葛根湯が妊婦さんに危険な場合とは

それでは、葛根湯が妊婦さんにどんな悪影響を及ぼす可能性があるのでしょうか?

それを解説するには、まず、葛根湯で風邪が治る仕組みを知る必要があります。
  1. 葛根湯は、強制的に体温を上げることでウイルスを撃退します。
  2. その後、患者自身の発汗を促し、体温を下げます。
これが、葛根湯で風邪が治る仕組みです。

強制的に発熱し、強制的に発汗させる。比較的体力がある人なら問題がありませんが、妊娠初期の胎児にとっては一大事になりかねません。

葛根湯は決して「効き目が緩やか」でも、「妊婦にとって安全」でもないのです。

妊娠中の風邪の対処法

それでは、妊娠中に風邪をひいた場合、どうすれば良いのでしょうか?

どうせ薬が飲めないなら、家で寝ていた方がマシ?

いえいえ、そうではありません。

変に風邪をこじらせてしまっても胎児には悪影響を与えてしまいます。

妊婦さんが風邪をひいたら、まずは、かかりつけの産婦人科を受診してください。

あれ?内科じゃないの?

そうなんです。たしかに、風邪の専門は内科のお医者さんですが、あなたのおなかの中にいる胎児にとって一番安全な治療ができるのは、かかりつけの産婦人科の先生なんです。

妊婦さんの状態、胎児の状態をよく知ってくれている産婦人科の先生なら、どのくらいの風邪薬なら処方しても大丈夫かを見極めてくれます。

産婦人科の先生に処方してもらった薬なら、ほとんどの場合、問題ありません。

元気な赤ちゃんに会えるまで、葛根湯が使えずに不便な思いをするかもしれませんが、妊婦さんの間だけ、ちょっと我慢してくださいね。

元気な赤ちゃんが出産できますよう、お祈りしています。

sponsored link

-日々の暮らし, 病気や治療
-

Copyright© ジョイ明日ライフ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.